HOME>トピックス>バリスタにピッタリな資格を取得してコーヒーの専門家を目指そう

バリスタにピッタリな資格を取得してコーヒーの専門家を目指そう

マシーン

バリスタってどんな仕事?

バリスタとは、コーヒーの専門家でカフェ等で活躍する人を想像しますよね。しかし、もとはイタリアのバルで飲み物を提供する人という意味でした。日本では最近有名になった職業です。有名なチェーン店でもスタッフをバリスタと呼ぶことで知られるようになりました。バリスタの主な仕事はカフェ等でコーヒーをより美味しく提供できるように豆の選定や挽き方、抽出方法を決め、コーヒーを作ります。こだわってコーヒーを抽出することはもちろん、ラテアートというスチームミルクに模様を描く技術もバリスタの技術の一つです。しかし、大手チェーン店では豆や抽出方法も決まっていることが多いので、自分でカフェを開店したいと考えている方や、個人で営んでいるカフェで働いている方にはおすすめです。コーヒーが大好きで仕方ないという人には天職といえる仕事でしょう。

どうすれば一人前になれる?バリスタの極め方3選

コーヒー

独学や先輩バリスタのもとで修行する

バリスタになるために必要な資格というのは存在しないので、自分で名乗った時からバリスタになることができます。とはいっても一定の技術がなければ仕事にしていくことは難しいです。独学で知識や技術を習得することもできますが、バリスタはコーヒーを作らなければ練習になりませんので、それなりの費用がかかります。バリスタが身近にいるのであれば、その方のお店でアルバイト等をしながら修行するのも一つの手でしょう。

専門学校やスクールで資格を取得する

周りにバリスタがいるカフェが無かったり、資格が欲しいという場合には専門学校やスクールで勉強するということもできます。バリスタの資格には2つあり、バリスタになるために絶対必要ではありませんが、就職に有利になります。そのため、学校では資格取得を勧めているでしょう。また、専門学校などではプロの講師が基礎から教えてくれるので、コーヒーの基本的なことから実践まで幅広く学ぶことが出来ます。学費や時間がかかりますが、その分じっくりバリスタについて極められるのはメリットですね。

外国で本格的なバリスタになる

バリスタは日本ではまだ新しい職業です。そのため、もっと本格的なバリスタになりたいと志す人は外国で本格的に学ぶという手段もあります。しかし、費用もリスクも大きいので、独学や通学と並行して、短期で留学するのもいいでしょう。