調理師になるには様々な道がある

調理師になりたいという夢を持ち、どのような道があるかと検討しているあなた。でもどうやって調理師になるのかわからないと思っていませんか?調理師になるには様々なルートがありますが、長い目で見て、場当たり的でない進路を選ぶことが重要です。調理師になるための方法を3種類紹介します。

調理師のなり方3種類

女性たち

養成課程のある高校を卒業

調理師養成課程のある高校があります。一般の高校の授業と並行して調理の勉強もすることができるので、高校卒業と同時に短期間で習得できます。しかし、普通の高校の勉強にプラスで調理の実習が入ってくるのでかなり忙しいことと、早くに進路を決定していないと選ぶことができない選択肢でもあります。小さい頃から調理師になりたかった等、迷いが無い状況であれば調理師への一番の近道でもあります。

専門学校を卒業

高校卒業後に調理師になるための専門学校に通う方法です。専門学校に通うには一定の期間と学費がかかりますが、その分手厚い就職支援を受けられたり、同じ目標をもった仲間と出会えるので、交流もできます。

調理師試験に合格

独学で調理師試験に合格する方法もあります。その場合は一番費用がかからない方法です。しかし、調理師試験を受けるためには2年以上の実務経験が必要になりますので、勉強と仕事を両立して行かなければいけないので、努力が必要になります。

調理師の夢を応援!専門学校でなりたいが叶う!

男性

専門学校は就職にも特化している

調理師の目指し方でおすすめの方法は、専門学校に通うことです。専門学校では調理師を目指すための様々なカリキュラムが用意されています。今まで調理の経験が無くても卒業時には即戦力として働けることを目指して、実習科目中心に構成されています。調理のセッティングや包丁の持ち方など、基本的なことから教えてくれるので、腕に自信が無くても安心です。また、就職にも特化していて、有名なレストランなどの求人情報が専門学校から受けられるので、就職に有利といえます。

男女

個性的な授業を展開している専門学校

専門学校にはそれぞれ特色があり、個性的な授業を展開しています。調理の実習だけでなく、サービスの実践授業で、どんな接客をしたらいいのか学ぶことができたり、食材のルーツを知るための農業体験がある専門学校もあります。また、テーブルマナーの研修や実際に商品を製造する側を体験する授業もあります。自分がどんな調理師になりたいかをイメージして専門学校を選ぶのもおすすめです。

ゲームクリエイターになるには専門学校に通うべし!